面接に向けて気をつけること

看護師も転職する際には履歴書を書いたり面接を受けることになります。自分ですべて行うのは不安もあるし時間も労力も使います。最近では看護師の転職を専門にしているコンサルタントがいる転職サイトに登録して転職活動を行うことがメジャーになってきました。自分で転職活動をするよりもスムーズに専門的に行えるのでおすすめです。さらに、自分の希望する勤務条件を叶えてくれる病院を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接の受け方までしっかり指導してくれるので、嬉しいですね。特に面接というのはいくら自分でイメージしたり練習したりしても1人だと実感も湧かないことが多いと思うので、ためになると思います。

面接で気をつけたいのは、まずは服装など自分の印象に関わる部分をしっかりしておくことです。スーツを着用して、おでこと耳を出して髪を結ぶ。アクセサリーはつけない、髪の色も暗めにするなど、普段から看護師として働いていれば守られていることだとは思いますが、面接では重要になってきます。看護師として、清潔さをアピールしなければなりません。また、面接で聞かれることも大体は決まってきますが、だからこそしっかりと自分の言葉でまとめておかなくてはなりません。特に自身の看護観やなぜここを希望したかという理由は大事になってきます。たくさんある看護師の就職先から、なぜここを選んだかというのをきちんと説明出来なければ評価はしてもらえないでしょう。また、自分が応えるだけでなく面接官に質問することも大事です。なにかはっきりさせたいことがあれば面接の段階で明瞭にしておかなければ、いざ働いた時にトラブルになるかもしれないのです。まだまだ気をつけることはありますが、真摯な姿勢が見えればそれが一番いいことだと思います。

Got Something To Say:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017. Powered by WordPress & Romangie Theme.