世界で活躍する看護師

海外に在住されている看護師の方は、たくさんいます。そして、国際的にも活躍しています。そのためには、英語が必要になります。
では、その現場についてご説明します。世界で活躍する看護師は、次の業務に携わっています。国際緊急援助隊、エスコートナース、海外の医療機関で働く、この3つになります。

国際緊急援助隊は、災害発生時に怪我されている方の治療を行います。
エスコートナースは、海外在住の方や旅行中に病気やケガされた方に医療行為を行ったり日本まで搬送のお手伝いを行います。
近頃、海外の患者さんから日本の医療の質が高いため日本にわざわざ来日されることもありました。看護師でも今後語学を求められるようになると思います。
アメリカで、看護師で働くには英語の試験に合格しないと看護師として働くことができません。また、そのためには高校卒業の証明書などの書類が必要になります。また、アメリカの看護資格に受からないといけません。これは、あくまでアメリカなので各国によって受験の方法が異なります。アメリカの看護資格は、州によって違いますのでそこはしっかりと確認しておきましょう。
海外で働くには、その国の言語を取得していく必要があります。そのために勉強をしなければなりません。しかし、勉強ができない方は転職サイトで、自分の生活に合わせるようにしてください。また、サイトは働きながら探すことができます。

Got Something To Say:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017. Powered by WordPress & Romangie Theme.